--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年11月21日

日韓中サッカーU-21代表交流戦の韓国戦。
ホーム国立競技場での対戦となっております。

この試合、個人的に1番ビックリしたのが、青山敏のキャプテンマーク。
7月に追加の追加召集で選ばれた青山が、いつの間にかここまで…(涙)
今日は守備のバランスで、最後の最後でしか攻撃に絡めなかったけど、
散らしのパスも効果的だったし、十分な働きだったよ。

で、試合のほうは1-1のドロー。
守備で相変わらず不安なところを見せられました。
失点しちゃいけない時間帯で、3人もいながら個人技で突破を許し失点。
それに、ファウルでしか止められない守備は、全世代共通の課題ですなぁ。

攻撃ではサイド攻撃は良かったね。水野と家長のドリブルは凄かった。
ただ、個人的には平山よりカレンの方が好きだなぁ。
結局高さで勝負できていないんだったら、運動量でかき回すほうがいいし、
クロスにニアで勝負できる選手がいたほうが得点の香りがする。

個人的にはサイド攻撃は好きだし、絶対に必要な戦術だけど、
中央からドリブルやワンツーで抜くプレーが見たいし、
そんな選手を育てていかないといけないんじゃないのかなと。
ま、オシム監督がそんな選手を必要としてないんだけどね。

とにかく、この試合では未来の可能性は見つけられなかったのかな。
これを続けていくことで、何か得るものがあるとすれば・・・なんだろう??
オリンピックに出るという目標も怪しい内容だし、
フル代表に選手を送り込む目的もこのままだと厳しいんじゃないかな。

スレッドテーマ:サッカー日本代表:スポーツ



2006年11月18日

J1は、前節で首位浦和が勝ち、2位G大阪、3位川崎が負けたから、
このまま浦和が優勝へ突っ走るのか?と思ったら、苦手(?)名古屋に負けちゃいましたね。
田中君のクリアが少し小さくて、本田がフリーでクロスを上げられちゃいましたからね。
あとは流石のヨンセン。浦和は前節からちょっと消極的な試合が続いているようです。
優勝へのプレッシャーが掛かってきたのでしょうか??

3位川崎が福岡に競り勝ったので勝ち点差は4に縮まってます。
2位G大阪はあす千葉との対戦。お互い調子が悪いようなので、ここで踏ん張りたいところ。
G大阪は負けると川崎に上にいかれるし、優勝が遠のきます。

どのチームもサポではないから、端から見るみには楽しい争いになってきましたね。


残留争いは、ほぼ決まってきましたね。
京都パープルサンガ、アビスパ福岡の16位以下が決定し、
明日、セレッソが負けるとセレッソも16位以下が確定します。
あとは自動降格を逃れる争いが続けられますが、ちょっと読めません。
最近、セレッソは負けても、良い戦いをしているので、明日勝てば…
というところでしょうね。


J2の昇格争いも熱い!
前節、神戸と柏の直接対決で柏が勝ったので、混沌としてきました。
今日も神戸と横浜の直接対決で横浜が勝ったので、
1位横浜-勝点86、2位柏-勝点85、3位神戸-勝点84と
勝ち点2差の中で争っていますから、残り3節は負けられない戦いが続きます。



ま、毎年この時期は激しい争いが繰り広げられているんだけど、
ここに広島も絡んで欲しい欲しいですね。勿論優勝争いですよ!!
今年は、今日、京都に勝って何とか残留が決定するという始末だけど、
毎年、終盤には調子が上がってくる広島なので、これをシーズン初めから頼む!
ペトロビッチ監督の戦術にも慣れてきたころなので、来年はそれを昇華する形で、
ぜひとも優勝争いを、そして優勝を期待してますから!!!
(降格争いは2度と絡んで欲しくないです。)

スレッドテーマ:Jリーグ:スポーツ



前のページ<< ユースJAPAN のTOP >>次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。