FC2ブログ

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年11月08日

これってU-21代表のBチーム?
こんなんでモチベーション上がるのか??
ちゃんと戦えるチームになるのか???
ただ、韓国旅行に行くだけか????
と思ってしまう。。。

でも、試合に出ていない選手にとってはアピールのチャンスなので、
ここで活躍して、Aチームの選手に取って代わってもらいたいですね。
頼むぞ!俊介!!!


【スケジュール】
11月14日(火)20:00(昌原総合競技場)
日中韓サッカーU-21代表交流戦 vs U-21韓国代表


【スタッフ】

■団長:田嶋 幸三
■監督:反町 康治
■コーチ:井原 正巳
■GKコーチ:川俣 則幸
■フィジカルコーチ:矢野 由治


■GK:
松井 謙弥  MATSUI Kenya 1985.09.10 186cm/72kg ジュビロ磐田
佐藤 昭大  SATO Akihiro  1986.08.30 184cm/73kg サンフレッチェ広島

■DF:
千葉 和彦  CHIBA Kazuhiko 1985.06.21 183cm/74kg アルビレックス新潟
田中 輝和  TANAKA Terukazu 1985.07.14 172cm/66kg 大宮アルディージャ
鎌田 次郎  KAMATA Jiro 1985.07.28 178cm/67kg 流通経済大学
柳楽 智和  NAGIRA Tomokazu 1985.10.17 178cm/76kg アビスパ福岡
小林 祐三  KOBAYASHI Yuzo 1985.11.15 175cm/72kg 柏レイソル
細貝 萌   HOSOGAI Hajime 1986.06.10 177cm/64kg 浦和レッズ

■MF:
渡邊 圭二  WATANABE Keiji 1985.01.28 173cm/64kg 名古屋グランパスエイト
本田 拓也  HONDA Takuya 1985.04.17 177cm/70kg 法政大学
谷口 博之  TANIGUCHI Hiroyuki 1985.06.27 182cm/73kg 川崎フロンターレ
水野 晃樹  MIZUNO Koki 1985.09.06 173cm/62kg ジェフユナイテッド千葉
上田 康太  UEDA Kota 1986.05.09 172cm/65kg ジュビロ磐田
家長 昭博  IENAGA Akihiro 1986.06.13 173cm/70kg ガンバ大阪
枝村 匠馬  EDAMURA Takuma 1986.11.16 176cm/67kg 清水エスパルス
乾 貴士   INUI Takashi 1988.06.02 169cm/59kg 滋賀県立野洲高校

■FW:
カレン ロバート CULLEN Robert 1985.06.07 180cm/72kg ジュビロ磐田
萬代 宏樹  BANDAI Hiroki 1986.02.19 184cm/71kg ベガルタ仙台
津田 知宏  TSUDA Tomohiro 1986.05.06 177cm/72kg 名古屋グランパスエイト
前田 俊介  MAEDA Shunsuke 1986.06.09 173cm/70kg サンフレッチェ広島


2006年10月26日

結果は2-0での勝利。
詳しい戦評は他ブログさんにお任せして(爆)
ていうか、実はあんまり覚えてなかったりして・・・印象が薄すぎます。

■日中韓サッカーU-21交流戦
U-21日本代表 2-0(前半1-0) U-21中国代表

【得点】
1点目 17分 梶山 陽平(FC東京)
2点目 82分 平山 相太(FC東京)

今日のゲームの印象は、良く守ったなと、いうところでしょうかね。
守備に関しては、セットプレー以外は怖いところはなかったように思う。
特に青山敏のプレーが良かった。贔屓目もあるのだが・・・
中盤の底で相手のボールホルダーに積極的にアタックしてたし、
攻守でバランスも取ってて、ミスも少なかった。
彼のおかげで、中央からの攻撃は機能していなかった。
チーム(広島)での役割と同じなのでやり易かったんでしょうね。
このポジションではレギュラーに1歩抜け出たかな。
高柳や谷口の怪我で代表に呼ばれてから、定着するのが早かった。
去年まで怪我ばっかりで全然試合に出ていない選手とは思えない。

3バック+西川に関しても問題なしではないでしょうか?
セットプレーの流れで危ない場面があったけど、それ以外は完勝、かな。
ただ、中国が雑なプレーをしてくれたおかげってのがあるけどね。

あと気になったのは、後半に本田の裏を狙われてたこと。
結構本田も守備を頑張ってたし、梶山、一柳もフォローはしてたけど、
対応が後手後手だったと思うし、ミスも多くピンチを招くこともあったし。
ま、粗探ししたらってことで。本田が守備的になったら意味ないし。
反対側の中村北斗は攻守に問題なし。
梶山のポジションはどうかな?と思ったけど上手くボールを捌けてた。
守備も無難にこなしてたし、攻めあがりも良かった。


攻撃に関しては、やっぱり平山に目が行く。
彼はもっともっとできる選手だと思っている。
昨日はあまり良いところが見えなかったけど、
後半の30分過ぎから相手ゴール前で目立つようになってきた。
それまでは、楔になろうとしていたが、中国のチェックに全く機能せず、
平山を囮に使うようなプレーでしかチャンスを作れていなかった。
彼には、どんなに相手マークがあろうとも確実にキープしてもらわないと。
特にアジアレベルで、これくらいのことでボールを失ってちゃ話にならん。
運動量も少ないし、彼の使いどころがなくなってくる。
早くコンディションを整えてベストなプレーを見せて欲しいですね。
現状では、代表レベルではないと思っています。
でもあの得点はある意味凄い。。。

あとは、2シャドーの苔口と増田。
前半は目だってたけど、後半ほとんど画面に出なかったのは気のせい??
先制点での2人のプレーが良すぎただけに、後半の消えっぷりは・・・
平山の周りで、最初から運動量が多く、いい攻撃を見せていたけどね。
この2人はもう少し早めに交代しても良かったように感じた。
てか、もっと早く前田俊介を出せ!と・・・
ラスト5分で何ができるか!とテレビの前で憤ってましたが・・・

交代に関しては少々問題ありと感じた。
折角7人も交代枠があるのに、もっとテストして欲しかった。
と思うのは上のように前田俊介のためだけの発言です。
ただ、枝村をあのポジションて・・・
確かに、前からのプレッシャーをかけたいって意図なんだろうけど。
あのポジションでは彼は生きないと思った。


この中国戦は、あくまでも親善試合の結果です。
本番は来年からのオリンピックアジア地区予選ですからね。
更に言うなら2010年W杯では主力になってもらわなきゃ困る。
ということを考えると、少々消化不良だったと言えるかもね。
なんだかいつの間にか始まって、いつの間にか終わってた感じ。
特に印象に残るプレーもなく(贔屓の選手以外・・・)終わってた。
完勝というには物足りない内容だった。

スレッドテーマ:サッカー日本代表:スポーツ



前のページ<< ユースJAPAN のTOP >>次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。