--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年11月13日

残念・・・PKで北朝鮮に敗れ、初優勝を逃す。が、
陽介。個人的にオレがMVPをあげよう!!
って要らないか。。。。。
でも、今大会を通じて、更なる成長を遂げたと思ってます。
サンフでもがっちりレギュラーを掴みとり、
それを確固たるものにしつつある今、今大会で見せたプレーを
Jでも発揮し、更なる成長を遂げ、広島の顔となるべく精進してくれ!
それに来年のワールドカップでもこれ以上の活躍をしてくれ!!
(活躍しすぎて欧州に引き抜かれたら複雑・・・)

マスコミは今のU-19を最弱世代と言ってきた。
優勝したら、どのように手のひらを返すか楽しみにしてたんだけど、
その思いは叶わなかったなぁ・・・


AFCユース選手権インド2006の決勝が12日、インドのコルカタで行われ、
U-19日本代表はU-19朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦。
試合は1-1のまま延長戦でも決着がつかず、結局PK戦の末日本が敗れ、
初優勝はなりませんでした。

◇AFCユース選手権インド2006
<決勝>

日時:11月12日(日)19:00(現地時間)
@Salt Lake Stadium(インド/コルカタ)

U-19日本代表 1-1(前半1-1)、延長0-0、PK3-5 U-19朝鮮民主主義人民共和国
代表

[得点]
0-1  4分 RI, Chol Myong(DPR KOREA)
1-1 34分 柏木陽介(サンフレッチェ広島)

[先発メンバー(日本のみ)]
1.林彰洋
2.内田篤人、3.堤俊輔、4.福元洋平、24.青山隼、
7.梅崎司、8.田中亜十夢、15.柏木陽介、26.森重真人→14.柳澤隼
9.森島康仁→16.ハーフナー マイク、17.青木孝太→20.伊藤翔、


いつものように、試合内容に関しては他ブログ様にお任せ(爆)

試合は北朝鮮のペースと言っても差し支えはないはず。
スピード、スタミナ、ボールへの執念で日本を押しこみ、
徹底してシュートを打つ姿勢があった。
それは勝ったから言えることで、それだけが良いとは思わない。
けど、個々の持てるものを全てを出し、積極的な姿勢に好感が持てた。
あと、驚いたのが、伊藤翔と走り比べて走り負けてなかったこと。
彼は、段違いのスピードだと思ってたけど、
試合終盤でも途中出場の伊藤と併走してクリアしてたからね・・・
スピードだけではなく、マイクやデカモリシにも当たり負けしてなかった、
体は決して大きくないが、身体能力の高さに、さすが・・・と思ってしまう。
(U-16の時はメチャクチャ大きく感じたけどね)

日本もパスワークで崩し、チャンスはあったけど決め切れず。
攻撃面では個々の技術を生かしてチャンスを作ってはいた。柏木のゴールもそう。
結局、マイクや伊藤の良さを使い切れずに終わってしまった印象が強い。
守備面では北朝鮮の選手を捕まえきれないことが多く、
飛び出しに着いていけず、フリーにさせる場面が多々・・・
槇野がいたとしても変わりはなかっただろう。

結局、今大会で自分達のペースで戦った試合はなかったんじゃないかな・・・
タジキスタン戦くらい??大量点ってだけか。。。


今回、挫折を味わった彼らだけど、彼らにはチャンスが残されている。
来年カナダで行なわれるU-20ワースドカップ。
この大会は、インドみたいにピッチの状態は悪くないだろうから、
自分達の思うようなサッカーができるはず(笑)

彼らの世代(現U-19)はU-17の世界大会には出場できなかった。
そのせいで最弱と言われてきて、そのプレッシャーの中で、
U-20ワースドカップに出場する壁を越えてきた。

1歩1歩ではあるが成長している彼らを見るのは楽しい。

今大会も、自分達の思うような戦いたかができていなかったとしても、
決勝という舞台にまで上り詰めたんだから!

昨日敗戦を糧に、ワールドカップでどのように壁を越えるか見てみたい。
初の世界大会になるのだが、まず1勝、そしてグループリーグの突破を目指し、
決勝トーナメントで少しでも上を目指して欲しい。

今後の活躍を期待します!!

その前に、1試合でも多くJの試合に出場すること。まずはそこから!
スポンサーサイト

スレッドテーマ:サッカー日本代表:スポーツ



ユースJAPAN のTOP

コメント

●残念でしたが、次に期待
マスコミなんて簡単に手のひらを返すものですから、次の黄金世代とか言われているU-16もどうなるか分からないですしね。

ハーフナー・マイクが入った時にもう少し簡単にゴール前に上げてもとか、まだまだ戦い方に拙い部分もありましたが、それでも柏木や福元、林に内田など先が楽しみな選手も多くみれました。
彼らが更なる成長をして、U-20そして2010年のWCで活躍してくれる事を期待したいですね。

コメント


試合後はだいぶがっくりしましたが、でも決勝まで戦い抜いたこと、きっとこの世代のパワーになりますね。
過酷な日程のなかで、2日おきとかにぎりぎりの所で勝ちあがってきて、だいぶドキドキさせてもらいました。
この世代が好きになっちゃったな♪
今後の活躍に期待!(活躍しすぎの引き抜きはこまるんですね~?)

コメント

●TBありがとうございます。
僕個人としてはこの世代強いと思っています。
結果だけで強い弱いじゃないと思うので。
個々の能力はJで出場しているだけに今後も十分期待できる素材が集まっていると思います。
ただ、波のある選手が多くてチームとしてのまとまりが今ひとつに感じたのが残念です。
今大会メンバーでは特に柏木くんとアトムの2人はここ1年ユースの経験で急激にのびてきた選手だと思います。まだまだ発展途上であるこの年代がどれだけカナダでやれるか楽しみだし先の北京にどれだけ入るか期待しつつ・・です。
また遊びに来ますね(`・ω・´)ノ

コメント


>部下D さま
新黄金世代(by マスコミ)は2年後のアジアユースでは
優勝すると思っているので(気が早すぎますね・・・)更に加熱報道の悪寒・・・

今大会でも成長してくれたので、来年のU-20W杯、オリンピック、2010年W杯と
楽しみは尽きませんよね!そのためにも、まずはJでレギュラーを奪う。
まだまだ、Jでコンスタントに出場している選手は少ないので、
もっともっと経験を積んでもらいたいし、厳しい環境で精進して欲しいです。


>izumi さん
活躍しすぎの引き抜きは困ります(>_<)もっともっと広島で活躍してもらわなきゃ!!
違約金をたっぷりと頂いて・・・と地方クラブ丸出しの発言ですが。。。

過酷な日程も、厳しいピッチ条件も、
アジアレベルとはいえ、この世代では初めての経験ですからね。
この経験を生かして、まずはU-20ワールドカップにつなげて欲しいですよ!
来年ははしゃいじゃいましょう!!


>シュシュ さま
コメントありがとうございます!!
確かに結果だけではないですよね。この世代はまだまだ経験不足だと思ってたので、
今回のこの強烈な試合経験は、今後の成長に役立つと思っています。
ただ、Jでコンスタントに試合出場している選手は、梅崎、福元、内田、柏木の
4人しかいないので、あとFWとボランチ or センターバックの選手で
Jでレギュラー争いをして、ポジションを奪うような選手が出てくることを願います。
個々の能力は高いと思っていますが、もう少し個性のある選手が出てきて欲しいなと思ってます。

まだまだ成長してくれると信じて、来年を待ちましょう!!

コメント


こんばんは。ご無沙汰してます。
柏木君もずいぶんと頑張っていたんですけど、
残念でしたね・・・。
それにしても、このチームだけオシム流と乖離した
サッカーをやってしまっている、というのはどうなんでしょう?
インドのピッチ状態だけではないようにも思いますし。
このままではメガホン大熊に続いてワールドユースの場で
赤っ恥を掻くような気がしてなりません。
選手たちはできる子たちばかりなのに。

コメント


>J.D. さま
この世代はオシムさんが監督になる前からチーム発足していたので、いきなり変えることが出来ないのかもしれませんね。
もともと、パスをつないでつないで攻めるチームだったので、まだ走ることには不慣れなのかも。。。
でも、吉田監督も”考える”という言葉を発しているように、一応オシム流を目指しているはずです。
個人技は申し分ないので、それをチームとしてどう生かしていくのかは、これからの楽しみに取っておきます。

ただ、時間はないので、どこまで出来るかは・・・

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

AFC ユース選手権 2006 決勝 U-19 日本代表 Vs U-19 朝鮮民主主義人民共和国代表戦代表戦 from Half Time
同大会6度目の決勝進出で、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)と対戦、結果は、1(PK3-5)1で敗戦・・・。日本代表は、また、決勝で涙をのんだぁ・・・。北朝鮮との対戦は3度目。昨年の予選で1-0と勝ち、今大会の1次リーグでも勝っていたが、ここ1番の試合では敗れた・ [Read More]

トラックバック

無念の準優勝 アジアユース選手権決勝 from 劇団1.5人前の戯言
昨日の夜にインドでアジアユース選手権決勝が行われました。結果は 1-1 から PK戦で敗戦・・・・。((“o(&gt;ω2戦続けてはやっぱきついかな・・・・。試合内容は前半開始早々いきなりのロングシュートが入ってしまい、勢いづいた北の攻撃が続きました。しかし!ここであ [Read More]

トラックバック

アジアユース決勝 from orfeo.blog
AFCアジアユース選手権 決勝日本 1-1 北朝鮮(延長)0-0            (PK戦)3-5 BS朝日の生放送もチラッと見たけど、実況が相変わらずで、おまけに解説役に松木御大までが登場。ウ [Read More]

トラックバック

u19日本PK戦で敗れ・・・(おまけ・セルティック戦) from hime-blueサッカー日本代表観戦メモ
準決勝韓国戦と同じで、延長の末、PK戦にもつれ込んだU-19アジアユース決勝・vs北朝鮮。日本は一人目の梅崎のPKが、キーパーに止められちゃった・・・けど、まだ何とかなるだろう・・・北朝鮮が外すか、林が止めるか。と思ったんだけど、北朝鮮は5人全員が決めてき [Read More]

トラックバック

死闘の末・・・ from きらくに、きままに・・・
ワールドユース出場を決め、準決勝で宿敵韓国に競り勝ち、決勝・・・相手は予選で勝っている北朝鮮と・・・1-1(PK3-5) 北朝鮮慢心があったのでしょうか!?いや、確かに北朝鮮は強かったし、今大会も優勝できず、ジンクスは継続されました。梅崎のミドルや田中のF [Read More]

トラックバック

[U-19]アジアユース決勝戦! from O塚政晴と愉快な仲間達
テレ朝こんにゃろー!地上波で生中継しろっつーの!しかも中途半端な時間(0:50頃)から録画ダイジェスト放送。そんな事すんなら最初から放送権を取得すんな!フィギュアスケートより野球のアジアシリーズより負けられない戦いがあるというのに・・・。日本 1-1 北朝鮮前半 [Read More]

トラックバック

AFCユース:決勝 U-19日本代表-U-19北朝鮮代表 from The Lump of Curiosity : Blog
U-19日本代表 1(3PK5)1 U-19北朝鮮代表悲願のアジア王者になれるのか。相手は北朝鮮です。前半いきなりの失点。まさか入るとは。その後も北朝鮮のペースでした。フィジカル強いなー。しかし、柏木が2人交わして同点弾をゲット。前半はそのまま終了。後半も最... [Read More]

トラックバック

頂点はまたも遠く from 川の果ての更に果てに
アジアユース決勝開始直後に思いっきり打ってみたシュートが絶妙な軌道を描いて北朝鮮が先制。日本は中盤以降盛り返して柏木がDFを一瞬外しての正確なシュートで同点。その後、日本攻勢のままですが結局両チーム点が取れずに延長。PK。準決勝では勝てたPKでしたが、今 [Read More]

トラックバック

サッカーAFCユース選手権、決勝、日本対北朝鮮戦。 from 思いつくまま
いよいよ決勝戦。日本{/v/}北朝鮮戦。日本は、スーパーサブだった青木と森重が先発した。グラ青山も本職ではないセンターバックで先発、えなり河原は、ベンチスタートだった。前半3分、いきなり北朝鮮のロングシュートが日本のゴールネットを揺らしてしまった。 _| ̄|○ [Read More]

トラックバック

この悔しさはカナダで晴らそう!! from キングのオキラク蹴球記
う~ん。。。ここまで来たのにまたしてもアジア制覇ならず。2戦続けてのPK戦、今回は相手に軍配が。見ていても聞いていても疲れる試合でしたが、残るのは悔しさだけ。この思いはカナダで晴らすしかない!!~U-20W杯へ向けて日々精進~GK、林DF、内田、青山、... [Read More]

トラックバック

U-19アジア選手権決勝 日本vs北朝鮮戦 from ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~
昨夜はU-19アジア選手権の決勝戦でした。日本vs北朝鮮です!!またまた深夜のディレイ放送しか選択肢が無かったので、頑張る事に。会社の帰りは、深夜にお腹が空いた時用に、上司Sとひげ君との3人でOdakyuOXへ。上司Sは麦チョコとメロンパンを、ひげ君はシチューを余分... [Read More]

トラックバック

アジアの壁~U-19 from がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~
先輩たちが達成出来なかったこの世代のアジア制覇。それにチャレンジしたU-19世代でしたが…。《AFCユース選手権インド2006・決勝》U-19日本 1-1 U-19北朝鮮(PK戦 3-5)【日】前34柏木【北】前4リ・チョルミョン今回は『やべっち』でやってた範囲のみ観戦。... [Read More]

トラックバック

北での報道が気になる サッカーアジア・ユース選手権 決勝戦 from またしても★タムラ的永久崩壊日記Ζ
インドで開催のサッカーのアジア・ユース選手権もついに決勝戦。日本の相手は予選リーグで戦った北朝鮮。ですが、韓国サポうぜーーーーー!!試合は開始4分、北8番が適当に打ったシュートがゴール!え [Read More]

トラックバック

U19アジアユース選手権 決勝 from Over The Rainbow
U19アジアユース選手権 決勝日本 1-1 北朝鮮 (PK3-5)立ち上がりの4分、かなり遠目から思いっきり打ったシュートがネットに突き刺さり、先制点を許す。焦りか、日本はただ前線に放り込むだけの攻撃、ミスも多く出て不安定な時間帯が続いた。敢えて苦言を言 [Read More]

トラックバック

林彰洋 from みつきの部屋
林彰洋 |誕生日=1987年5月7日 |出身地=東京都 |身長=192cm |体重=83kg |血液型=A型 |所属チーム名=流通経済大学サッカー部|流通経済大学 |ポジション=ゴールキーパー (サッカー)|GK |背番号= |利き足=右足 |CAP数= |代表ゴール数=}}林 彰洋( [Read More]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。