FC2ブログ

2006年09月25日

かなり、予想外の結果です。
クラブユース贔屓のボクにとっては衝撃的な結果。


初芝橋本高校 1-1 ヴェルディユース
      3 PK 0

名古屋グランパスU-18 1-0 鹿島アントラーズユース

ガンバ大阪ユース 2-1 星稜高校

滝川第二高校 4-1 サンフレッチェ広島ユース


最近、内容がパッとしないとはいえ、クラブユース選手権で準優勝だったヴェルディ相手に、初芝橋本が勝てるとは思ってなかった。ま、最近の試合を見ていないのでどんな内容なのかはわからないので、これ以上のコメントは差し控えます。

そして、広島。。。
直前の滝川第二との練習試合では4-2と勝利しているので、接戦にはなるが、まさか負けるとは思っていなかった。確かに、札幌第一との試合での苦戦具合を見ていると、どうも内容が良くなさそう。公式記録には現れていない、走るサッカーができてないのではないかと心配になっている。以前と比べるのはナンセンスだと思っているが、2,3年前のサンフユースはFW含めて(1部の選手(前田俊介)は除く…)かなりの運動量だったのだが、年を重ねるごとに走らなくなり、テクニカルな前線頼みの攻撃と、淡白な守備が目立っているので、今回もそれが出た結果なのだろう。それと、DFとMFの連携が上手く取れていない模様。森山監督も、そのあたりの欠点はわかっているようなので、今後の大会に期待したい。
それにしても、今年は守備で相当苦労している。昨年までの3年間は槇野という絶対的なリーダーがいたので目立たなかったが、DFの強化・育成が遅れてしまったのではないだろうか?
あくまでも、ユースは育成メインなので、結果には拘らないほうがいいのだが、やるからには勝利して欲しい。勝つことで得られる自身と周囲の評価(多少だが)のためだけになるのは本末転倒なのだが、応援するほうとしては結果が欲しい矛盾に突き当たる。。。

あとの2試合は順当なところかな。

G大阪と名古屋に雪辱をしてもらい、3年連続でJユースによる決勝を再現して欲しい。というのが理想だが、今年はそうも行かない様子です。近年のクラブ勢が優勢の背景には、高校のテクニック重視化が原因のひとつとしてあると思っているが、滝二、初橋ともに内容のいいサッカー、高体連らしい走るサッカーをしているようなので、テクニック重視のクラブ勢を押し返している感がある。これに関しては今後記事にしていきたい。


仕事でバタバタしていてなかなか更新できません…
スポンサーサイト



スレッドテーマ:サッカー:スポーツ



ユースJAPAN のTOP

コメント


こんばんは。
滝川二高はマリノスユースに続きサンフユースにも勝ちましたね。
今年度で最後となる黒田監督になんとしてもタイトルを、
と選手達が随分と意気込んでいるというのを何かで見ましたが、
モチベーションがハンパじゃないんでしょうかね?
サンフユースは残念。12月に向けてゴリさんに期待しましょう。
野田君は最近どうですか?長崎出身なんで密かに期待してるのですが、
今年3年生でしょう?レギュラーで頑張ってるのでしょうか?!

さて、ベスト4のうち3チームが関西ですね!(あと1つも名古屋だし)
いっそ準決勝と決勝は会場変更してもらって、
長居でやってほしいと思いませんか?(笑)

コメント


> J.D. さん

是非とも長居で見たいです!(笑)

滝二は勢いがついてきましたよね。
たしかに、黒田監督の壮行試合の第1弾ですから、G大阪との対戦が楽しみです。
プリンスでは全敗だったので、ここで一矢報いることができるか!?
来年から黒田監督が行く、神戸がこれからどんなチームになるのか怖いです。
今年はG大阪には負けてないですからね。。。

野田君は右サイドバックでレギュラーですよ!
ちょっと守備に難があって、必ずしもフィットしているポジションではないですが、
攻撃面でチームの鍵になっているので、12月に向けて再調整して欲しいです。
因みに、長崎出身の選手で、1年生の不老君と宮武君の2人いて、
来年以降、レギュラーを獲るはずの選手です。
特に不老君は、たまにサテライトの練習にも参加していて、
平繁が卒業した後のFWを奪うはずです。期待してます!!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL