FC2ブログ

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月13日

ついに、と言うか、やっとですかね。
家本主審に研修1カ月(スポナビ)

「8月30日の鹿島-名古屋戦での判定に一貫性がなかったため」、ということになっていますが、「それ以外の試合でもレフェリングにも一貫性がなかったため」、だと思ってもらいたいです。

これにより、各クラブのサポの方々の積年の恨みも少しは晴れたことでしょう(笑)

ただ、家本審判だけでなく、その他の審判にも問題はあると思っています。以前サッカーの試合を見に行って、審判団の発表があったときに、小学校低学年くらいの子供が「今日の主審は柏原かぁ…」と言って凹んでたのを見て、飲んでいたコーヒーを噴出して笑ってしまったことがありました(周りの人、ゴメン<(__)> )

こんな小さな子供にまで審判の程度が判ってしまっているんですよ!

人間だから誤審はあるのは当たり前だけど、それをいかに少なくするか?と起こった後の対応をどうするか?を真剣に考えるべきでしょう。最低でもスペシャルレフェリーと呼ばれるプロの審判に対しては、それなりの教育と措置はとるべきだと思っています。何のためのプロなのかと。

とにかく、サッカーは審判なくして試合は成立しません。とっても大切な役割なんですよね。だからこそ正しく厳格なレフェリングは必要です。それによりプレーの精度も上がっていくはずだし、ゲームも楽しく激しいものになると期待したい。
選手側にも無意味なファールやシミュレーションはできるだけなくして欲しい。見ていて気持ちいいもんではないし。すぐ倒れるよりは、踏ん張って前に進むほうがカッコいいし尊敬できる。プレーの向上にも繋がるでしょうしね。


ただ、世界にはこんなレフェリー(YouTube映像)もいます。。。参考?までに(笑)
スポンサーサイト

スレッドテーマ:サッカー:スポーツ



ユースJAPAN のTOP

コメント


こんにちは。
私のブログへのTB&コメントありがとうございました。

家本とか見てると、どういう基準でSRを選んだのか、
とても理解に苦しみますよね。
彼は数年間某クラブに職員として在籍していたらしいので、
(もちろん悪い意味で)ファンタスティックなジャッジを連発して
非難を浴びるたびに、とても肩身の狭い思いをしています(苦笑)。
1ヶ月の研修といわず、欧州のトップリーグに1年は
丁稚奉公で修行させてほしいです。
それくらいの金、川淵なら懐に溜め込んでるでしょうし(爆)。

私もユース年代には興味があるので、
ときどきオジャマさせてもらいます。
これからもよろしくお願いします。

コメント


>J.D.さま
コメント&TBありがとうございます。

僕も、彼とは同い年で、同郷で、高校も近かったので
頑張って欲しいと思っていたのですがね。
擁護するつもりはないけど、彼の資質ももちろんそうですが、
それ以上にリーグや協会の対応のほうが気になります。
これを機に変わってくれることを祈っていますが、
レフェリーの再教育、対応策を明確に公示して欲しいです。

もし、家本君がこの調子で欧州のトップリーグで笛を吹いたら、
悪い意味で帰って来れなくなる可能性が(笑)

こちらこそ、宜しくお願いいたします。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。