--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年11月13日

残念・・・PKで北朝鮮に敗れ、初優勝を逃す。が、
陽介。個人的にオレがMVPをあげよう!!
って要らないか。。。。。
でも、今大会を通じて、更なる成長を遂げたと思ってます。
サンフでもがっちりレギュラーを掴みとり、
それを確固たるものにしつつある今、今大会で見せたプレーを
Jでも発揮し、更なる成長を遂げ、広島の顔となるべく精進してくれ!
それに来年のワールドカップでもこれ以上の活躍をしてくれ!!
(活躍しすぎて欧州に引き抜かれたら複雑・・・)

マスコミは今のU-19を最弱世代と言ってきた。
優勝したら、どのように手のひらを返すか楽しみにしてたんだけど、
その思いは叶わなかったなぁ・・・


AFCユース選手権インド2006の決勝が12日、インドのコルカタで行われ、
U-19日本代表はU-19朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦。
試合は1-1のまま延長戦でも決着がつかず、結局PK戦の末日本が敗れ、
初優勝はなりませんでした。

◇AFCユース選手権インド2006
<決勝>

日時:11月12日(日)19:00(現地時間)
@Salt Lake Stadium(インド/コルカタ)

U-19日本代表 1-1(前半1-1)、延長0-0、PK3-5 U-19朝鮮民主主義人民共和国
代表

[得点]
0-1  4分 RI, Chol Myong(DPR KOREA)
1-1 34分 柏木陽介(サンフレッチェ広島)

[先発メンバー(日本のみ)]
1.林彰洋
2.内田篤人、3.堤俊輔、4.福元洋平、24.青山隼、
7.梅崎司、8.田中亜十夢、15.柏木陽介、26.森重真人→14.柳澤隼
9.森島康仁→16.ハーフナー マイク、17.青木孝太→20.伊藤翔、


いつものように、試合内容に関しては他ブログ様にお任せ(爆)

試合は北朝鮮のペースと言っても差し支えはないはず。
スピード、スタミナ、ボールへの執念で日本を押しこみ、
徹底してシュートを打つ姿勢があった。
それは勝ったから言えることで、それだけが良いとは思わない。
けど、個々の持てるものを全てを出し、積極的な姿勢に好感が持てた。
あと、驚いたのが、伊藤翔と走り比べて走り負けてなかったこと。
彼は、段違いのスピードだと思ってたけど、
試合終盤でも途中出場の伊藤と併走してクリアしてたからね・・・
スピードだけではなく、マイクやデカモリシにも当たり負けしてなかった、
体は決して大きくないが、身体能力の高さに、さすが・・・と思ってしまう。
(U-16の時はメチャクチャ大きく感じたけどね)

日本もパスワークで崩し、チャンスはあったけど決め切れず。
攻撃面では個々の技術を生かしてチャンスを作ってはいた。柏木のゴールもそう。
結局、マイクや伊藤の良さを使い切れずに終わってしまった印象が強い。
守備面では北朝鮮の選手を捕まえきれないことが多く、
飛び出しに着いていけず、フリーにさせる場面が多々・・・
槇野がいたとしても変わりはなかっただろう。

結局、今大会で自分達のペースで戦った試合はなかったんじゃないかな・・・
タジキスタン戦くらい??大量点ってだけか。。。


今回、挫折を味わった彼らだけど、彼らにはチャンスが残されている。
来年カナダで行なわれるU-20ワースドカップ。
この大会は、インドみたいにピッチの状態は悪くないだろうから、
自分達の思うようなサッカーができるはず(笑)

彼らの世代(現U-19)はU-17の世界大会には出場できなかった。
そのせいで最弱と言われてきて、そのプレッシャーの中で、
U-20ワースドカップに出場する壁を越えてきた。

1歩1歩ではあるが成長している彼らを見るのは楽しい。

今大会も、自分達の思うような戦いたかができていなかったとしても、
決勝という舞台にまで上り詰めたんだから!

昨日敗戦を糧に、ワールドカップでどのように壁を越えるか見てみたい。
初の世界大会になるのだが、まず1勝、そしてグループリーグの突破を目指し、
決勝トーナメントで少しでも上を目指して欲しい。

今後の活躍を期待します!!

その前に、1試合でも多くJの試合に出場すること。まずはそこから!
スポンサーサイト

スレッドテーマ:サッカー日本代表:スポーツ



2006年11月10日

北朝鮮は、準決勝でヨルダンに1-0で競り勝っての決勝進出です。

予選グループで2-0と快勝している北朝鮮が相手に決まりましたね。
ただ、予選での北朝鮮とは全く違うチームだと思ったほうがいいでしょう。
初戦の日本戦は調整不足だったのか、動きはよくなかった(らしい)けど、
それ以降は、自慢のフィジカルと組織力で順当に決勝に上がってきましたね。
さすがにU-17の世界大会でベスト8に入ったチームだけのことはあります。

決勝では、槇野の出場停止、柳川の緊急帰国で守備に不安があるが、
そこは残った選手で十分カバーできる。恐らく森重がCBに入るだろう。

そのなかで、今の日本代表にとって1番怖いのは慢心。気の緩み。
精神的に弱い弱いと言われてきている現U-19代表だけに、
予選で北朝鮮に勝っているから・・・とか、
ワールドカップに出場できるんだから・・・とか、
韓国にも勝ったんだし・・・とか、
チーム内がそんな雰囲気にならないことを望みたい。
決勝まできた選手たちにこんなことは言いたくないんだけど、
前例があるだけに仕方がない。

ただ、今大会を通じて経験を積み、精神的な強さも身に着けつつある。
アジアレベルとはいえ、まだ世界大会を経験していないので、
その前哨戦として、この大会で優勝し、少しでも経験を積んで欲しい。


勝利を信じて、日曜日を待つ!!

スレッドテーマ:サッカー日本代表:スポーツ



ユースJAPAN のTOP >>次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。