--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月18日

ヨッシャ~! 優勝 じゃ~~~!!!
シンガポールで行われているAFC U-17選手権で日本が優勝です!!
小野、高原、稲本らを要して戦った94年のカタール大会以来12年ぶりの歓喜です!!

試合内容は、フィジカルで押す北朝鮮と、スピードとテクニックでボール回す日本。見事に対照的な対戦になってました。

立ち上がりから、なかなかボールの収まらない日本。飛ばしてくる北朝鮮。
落ち着かない日本の隙を突くかのように、7分、24分に失点。両ゴールともサイドからのクロスを落としたところに、走りこんだ北朝鮮の選手がゴールを決める。飛び出してくる選手を捕まえられない。ボールサイドに中盤が寄って行き過ぎている感じだったかな。
20分あたりからやっと日本らしいボール回しが見せはじめて、北朝鮮陣内へ攻め込めるようになってきたけど、効果的な崩し、シュートまではもっていけない。
2点目が決まって北朝鮮が引き気味になると、日本のポゼッションが炸裂し始める。このチームはポゼッションするだけではなく、しっかり動いてボールを受け渡ししているので、引いてる相手でもスペースを作ることができている。岡本の大きな展開も出るようになってきたし。
このまま行けば、前半の内に点は入るなと思っていたけど、無得点のまま終了。前半終了間際に決めていれば…と言う展開にならなけりゃいいが…とちょっとだけ焦りました。

後半も流れは日本。ボールが良く回り、柿谷を中心に攻め立てる。ひ久しぶりに柿谷を見たけどやっぱり上手い。柔らかいボールタッチでキープもできるし、ドリブルで突っかけてもボールを失わない。キープできてるから押し上げできるので、ボランチやサイドバックが攻撃参加しやすくなって分厚い攻めができてる。
その流れで、日本の先制は柿谷。右サイドで早いパスワークでスローインを奪う。スローインから右サイドにいた岡本が冷静に中央の山田へ。山田がワントラップして左サイドから走り込んできた柿谷へ。トラップが少し浮いてしまうが、冷静にボールを詰めてきた北朝鮮の選手の頭の上を越してアウトに掛けて逆サイドのゴールネットを揺らす。
その後は日本が攻めて、北朝鮮のカウンターの図式に。危ない場面も沢山あったが冷静に対処していたと思う。
2点目はカウンターから。終始押していたので、そろそろ入るだろうと思っていた時間帯。ここも柿谷が絡む。山崎がカットしたボールを左サイドのセンター付近で柿谷が触る。そのままドリブルで持ち込む。その間選手が左サイドへ走りこみ、中央へ走りこんで北朝鮮DFのマークをずらしていく。上手い動き。よって柿谷へのマークが緩くなり余裕を持ってスルーパス。ここに変わって入っていた端戸が走りこみゴールを決める。
そのあとも日本ペースで、このまま3点目も決めるかと思ってたけど、北朝鮮も粘って延長戦へ。

延長前半は北朝鮮に押されまくって危なかったけど、事なきをえてホッとした。延長後半から河野の投入で流れを変える。ヴェルディの選手らしいスピードとドリブルの上手い選手。この時間帯では、かなり嫌なプレーをする。その河野が大仕事をする。
相手陣内右サイドでフリーキックをもらう。それを端戸が素早く開始し、河野→端戸→河野とワンタッチで北朝鮮を翻弄。ゴール前で河野がドリブルでキープし、エリア内の水沼へ。これもワンタッチ、しかもヒールで横に流し、走りこんできた河野が右隅へゴール!逆転!!これで、ほぼ勝ちを手中に!!!
最後は、しっかり守ったあとのカウンター。河野の独走。左足アウトで冷静に4点目を決めジ・エンド!

しかし、日本はよく走った。結局最後まで運動量が落ちてないし、完全にテクニックでは北朝鮮の上をいってましたね。フィジカルでは北朝鮮に完全に負けてたけど(縦、横、厚みが凄い)。
でも、この年代ではフィジカルを鍛えてるようではダメなんです。テクニックは15歳くらいまでで完成させないと、それ以上伸びきらなくなってしまうので、これからの世代でかなりの実力差が出てくるでしょう。フィジカルはこれからいくらでも鍛えられます。

そして、城福監督の采配がズバリ!変わって入った端戸、河野がいずれもゴールを決める。全てが上手くいった決勝戦だったね。もちろん、失点も含めてってことで。いいシミュレーションになったし、今回失点したような、サイドからのクロスへの対応。中央で飛び出してくる選手へのケアができるような対策を練ってくるでしょうし、そして、各クラブ、高校で結果を残し、しっかりと準備をして欲しい。

さあ、これでアジアチャンピオンとして、FIFA U-17 ワールドカップに挑むことになりますが、まだまだ黄金世代というには早い。そう呼ばれるのは、もっと後になってからでもいい。今は強化していく段階で、ここで浮かれるのは早すぎる。マスコミは冷静になって欲しい。(ちゃんと報道するかは怪しいが…)

今回はフィジカルでは敵わなかったけど、これから1年あれば十分にフィジカルは鍛えられるし、新しい選手も出てくるでしょう。これからが楽しみな世代だからこそ、追いかけるのは楽しいんです!!


【決勝】
9月17日(日)20:00キックオフ
@Jalan Besar Stadium(シンガポール)
U-16日本代表 4-2 U-16朝鮮民主主義人民共和国代表

GK 廣永 遼太郎
DF 金井 貢史
DF 甲斐 公博
DF 高橋 峻希
DF 山崎 正登
MF 岡本 知剛
MF 山田 直輝
MF 水沼 宏太
MF 柿谷 曜一朗
MF 齋藤 学(71分 MF 端戸 仁)
FW 大塚 翔平(105分 MF 河野 広貴)

[得点]
O, JIn Hyok(6分)
RI, Sang Chol(24分)
柿谷 曜一朗(56分)
端戸 仁(77分)
河野 広貴(112分)
河野 広貴(119分)

城福監督の胴上げは1回目は1回で終わりましたが(笑)
2回目は3回ちゃんとできてました!!

いまさらU-17のスレッドテーマができてますが…
ま、そのスレッドに登録しましたが。。。

もう少し詳しく書きたかったが、眠いのでこのあたりで・・・
スポンサーサイト

スレッドテーマ:サッカー日本代表Uー17:スポーツ



2006年09月17日

ちょっと遅い情報で、すでに放送直前なんですが…

NHK BS1 (録画)
2006年 9月17日(日) 24:10~26:00http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/11-00977.html

NHK様ありがとう!
今まで放送料金払わなくってゴメンなさい。。。
これからはちゃんと払います。大人になります・・・


テレ朝…○○やなぁ。
ま、テレ朝やからしょうがないか。
所詮テレ朝だもんね。

スレッドテーマ:サッカー日本代表:スポーツ



ユースJAPAN のTOP >>次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。